5Mhzで1Skip

非破壊検査に関係する情報を少しずつ更新します

鋼製石油貯槽 JIS B 8501鋼製石油貯槽の構造(全溶接製)の抜粋 の1

calendar

鋼鉄製で本体や付属物が溶接で固着されたタンク

地上で溶接組立され固定屋根・浮き屋根・固定屋根付き浮き蓋を持ち、大気圧下で液状の石油や製品を液状で大気温度の下で貯蔵するための設備となります

ここではJIS B 8501 鋼製石油貯槽の構造(全溶接製)の内容を交え簡略に纏めたいと思います

詳しくは「JIS B 8501 鋼製石油貯槽の構造(全溶接製)」を参照ください

スポンサーリンク

用語及び定義

JISにて規定される用語及び定義は以下となります

貯槽本体

・側板,底板,屋根板(固定屋根,浮き屋根又は固定屋根付き浮き蓋)の全溶接で固着されたもの

付属物

・貯槽本体に溶接などで固着するもの

付属品

・貯槽本体に設けたノズルのフランジ及びカップリングを用いて取り付ける部品

 ※浮き屋根に取り付ける固定泡消火装備のせき板(フォームダム)は付属品に含む

軟鋼

・JISG3101のSS400,JISG3106のSM400,JISG314のSAM400,JISG3115のSPV235

高張力鋼

・規格の引張強さの最小値が490~610N/㎜2

厚さ

・板,形鋼,管などの実際の厚さ

呼び厚さ

・板,形鋼,管などの厚さの呼び寸法

最小必要厚さ

・強度計算上必要とする厚さ

メタル温度

・金属材料の温度

設計最低使用温度

・貯槽が設置される地域の出来るだけ長期間にわたる1日平均気温の記録の中から最も低い日の気温に8℃を加算した温度

設計最低メタル温度

・設計最低使用温度又は水張試験時の水温の内いずれか低い方の温度に等しいメタル温度

設計最高メタル温度

・貯蔵液体の最高使用温度に等しいメタル温度

使用材料

鋼板

JISG3101 一般構造用圧延鋼材 SS400

JISG3106 溶接構造用圧延鋼材

JISG3114 溶接構造用耐候性熱間圧延鋼材

JISG3115 圧力容器用鋼板 

構造用形鋼

JISG3101 一般構造用圧延鋼材 SS400

JISG3106 溶接構造用圧延鋼材

JISG3114 溶接構造用耐候性熱間圧延鋼材

鋼管

JISG3452 配管用炭素鋼鋼管

JISG3454 圧力配管用炭素鋼鋼管 STPG370

JISG3456 高温配管用炭素鋼鋼管 STPT370

JISG3444 一般構造用炭素鋼鋼管 STK400

JISG3457 配管用アーク溶接炭素鋼鋼管

JISG3460 低温配管用鋼管    STPL380

フランジ

JISG3101 一般構造用圧延鋼材 SS400

JISG3201 炭素鋼鍛鋼品     SF390A、SF440A

JISG3202 圧力容器用炭素鋼鍛鋼品SFVC2A

JISG4051 機械構造用炭素鋼鋼材 S20C、S25C

ボルト・ナット

JISG3101 一般構造用圧延鋼材 SS400、SS490

JISG4051 機械構造用炭素鋼鋼材 S20C、S25C、S35C、S45C

JISG4107 高温用合金鋼ボルト材 SNB7

溶接材料

JISZ3211 軟鋼,高張力鋼及び低温用鋼用被覆アーク溶接棒

JISZ3214 耐候性鋼用被覆アーク溶接棒

JISZ3312 軟鋼,高張力鋼及び低温用鋼用のマグ溶接及びミグ溶接ソリッドワイヤ

JISZ3313 軟鋼,高張力鋼及び低温用鋼用アーク溶接フラックス入りワイヤ

JISZ3315 耐候性鋼用のマグ溶接及びミグ溶接用ソリッドワイヤ

JISZ3316 軟鋼,高張力鋼及び低温用鋼のティグ溶接用ソリッド溶加棒及びソリッドワイヤ

JISZ3319 エレクトロガスアーク溶接用フラックス入りワイヤ

JISZ3320 耐候性鋼用アーク溶接フラックス入りワイヤ

JISZ3351 炭素鋼及び低合金鋼用サブマージアーク溶接ソリッドワイヤ

JISZ3352 サブマージアーク溶接及びエレクトロスラグ溶接用フラックス

自動・半自動溶接、エレクトロスラグ溶接、エレクトロアーク溶接に使用するワイヤー、フラックス、シールドガス及び溶接機は材料及び施工法に適合することを、溶接施工法確認試験によって確認したものでなければならない

Follow me!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 用語集

略語集 索引

No Image

more...

folder 計測・測定

計測器の基本的な事
more...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。